中学受験・高校受験・大学受験 無料個別相談
予約する

子どもたちとの「間合い」を意識する

子どもたちを指導するときに意識しているのは「間合い」です。

間合いを辞書で調べると、次の2つの意味があります。

「間合い」の意味

  1. 程よい間隔。距離。
    「間合いを取る」
  2. 程よい時期。ころあい。
    「間合いを見計らう」

滝沢進学塾では基本的に1対1の対応なので、一人一人の生徒に合わせた指導をしています。

指導する上で、勉強している生徒との精神的距離を意識しています。

具体的には、集中して問題を解いている時などは、「間合い」をはかり、遠くから見守るようにします。

逆に、眠そうだったり、集中できていない時は、「間合い」を詰めて、緊張感を持たせるようにします。

さらに、心配事や不安を抱えているような時は、「間合い」を取りながらも、生徒の本当の気持ちを引き出すようにします。

このように、生徒が勉強する環境を整えることを大切にしています。そのために、目の前で勉強している生徒の状態をよく見極めて、ちょうど良い「間合い」を取るようにしています。

もう一つ、指導する上で意識しているのは、適切なタイミングで声かけや解説をすることです。

生徒ごとに勉強している教科やテキストが異なるので、それぞれの生徒の進捗状況を確認しながら、「間合い」を見計らって声かけをします。

ふつうは生徒が丸つけと見直しを終えたところを見計らって生徒のところに確認に行きますが、分からなくて困っている時は、ヒントを与えたり、一緒に問題の内容を確認してから、再度問題に取り組ませます。

時には、問題を解いているのを見て、「ここ間違っているな」と思っても生徒自身が気づくまで声をかけないこともあります。

また、間違ったところをすべて解説することは時間的に無理なので、より重要度の高いものを優先して解説します。解説時間が長くなるほど、生徒の集中が途切れてしまうので。

このように、生徒が集中して勉強できる環境を整えることを大切にしています。そのために、教室全体の状況を把握して、「間合い」を見計らって対応するようにしています。

公式LINEから相談や質問ができます!
下の友だち追加登録後に、質問や相談の内容をお送りください。24時間以上経っても返信がないときは、再度メッセージをお送りください。

「自学力の育て方」
「自学力の育て方」名門公立高校受験道場・著(KADOKAWA)

滝沢進学塾の塾長も執筆に参加した「自学力の育て方」、好評発売中です。お近くの書店よりお求めください。

コメント